hinata

>

キャンプ用品

>

焚き火台

>

火起こし、調理、BBQまで対応する焚き火台。アウトドアマンからユーザー目線の万能新作

火起こし、調理、BBQまで対応する焚き火台。アウトドアマンからユーザー目線の万能新作

キャンプ用品

FLAME BOX

出典:LITHON

独創的なギアを展開するアウトドアブランド「OUTDOOR MAN(アウトドアマン)」から、1台4役で多機能な焚き火台「FLAME BOX(フレイムボックス)」がリリースされます。火起こしや加熱調理、バーベキューもできる頼もしいギア。専用の収納バック付きで、折りたためばA4サイズとコンパクト。冬のキャンプでぬくもりのある、リラックス空間を作り出せます。

OUTDOOR MANらしいユーザー目線の焚き火台

FLAME BOXの外観

出典:LITHON

購入しやすい価格帯で充実したラインナップが特徴のOUTDOOR MANから、火起こしから調理まで活躍する焚き火台「FLAME BOX」が登場。焚き火台、火起こし、トライベット、バーベキューグリルの1台4役のギアが2020年12月15日に発売されます。

4つの機能を持つFLAME BOXは、ユーザーからの声を集めて企画されました。常にユーザーに寄り添ったギアを取り扱うOUTDOOR MANだからこそ実現できた多機能ギアなのです。

火起こしから本格調理まで、これひとつ!

FLAME BOX

出典:LITHON

焚き火台としては、約30~40cmの大きめの広葉樹でも切らずにそのまま燃やせ、手間いらず。キャンプのストレスを軽減してくれます。

さらに、下から新鮮な空気を取り込み、上から暖かい空気を排出する煙突効果が生まれる構造で、初心者でもスムーズに火起こしができます。焚き火は下段、炭火は中段、固形燃料は上段と、3段階に高さを調整できます。

トライベット(五徳)の汎用性の高さも魅力。フライパンやダッチオーブンなどの置くものに合わせ、6つの溝でトライベットの幅を調整して使います。

炭で火を起こしてからすぐにバーベキューに移行できるため、大きなバーベキューグリルを持ち込まなくても、手軽に調理やバーベキューを楽しめます。

耐久性と携帯性がキャンプで生む余裕

FLAME BOX

出典:LITHON

素材は耐久性に優れた分厚いステンレス。今までは4つのギアを用意する必要があったことが、FLAME BOXの1つで済んでしまうため、場所を取るギアをいくつも用意する必要がありません。

さらに、折りたたみ式で専用の収納バックに入れれば、A4サイズにまでコンパクトになります。収納時もコンパクト、使用時も機能的にコンパクトで、1台持っていけば安心できる信頼感のあるギアです。

みんなが欲しかった理想の焚き火台

FLAME BOX

出典:LITHON

FLAME BOXは多機能でありながら6,000円と価格が抑えられ、手を出しやすいギア。アウトドアメーカーがユーザーの声を大事にしてくれると、もっと同じメーカーを使いたくなります。ぜひ、冬の焚き火用ギアとしての導入をおすすめします。

【基本情報】
商品名:FLAME BOX
サイズ:約210×220~320×270mm
重さ:約3kg
価格:6,000円(税抜)
購入はこちら:FLAME BOX
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事