軽さと強度を両立した画期的ペグ「アルペグ」がMakuakeに登場。老舗メーカーの技術をキャンプに!

 キャンプ用品

鋳鉄製ペグは強度があっても、まとめて運ぶと重さが気になります。そんなキャンパーの不満を解消するため、老舗アルミ鋳造メーカーが、軽量、耐久性を両立させたアルミ製ペグ「アルペグ」を開発。クラウドファンディングサービス「Makuake(マクアケ)」で発売しました。技術を生かした複雑形状で、高い保持力と曲がらない強度を実現しました!

LINEの友だちを追加

 目次


老舗アルミ鋳造メーカーの技術を注ぎ込んだペグ

ペグで荷物を軽量化

アルミ製ペグ

「アルペグ」を開発したのは、1943年からアルミ鋳造に携わる岡山の老舗メーカー、共和鋳造所。キャンプに使う鉄製ペグの重さに不満の声があることに気づき、「機能性はそのままに、持ち運びの重量を軽減させる」という目的で「アルペグ」を開発しました。自動車や農業機械で培ったアルミ鋳造の技術をペグに活用。一般のアウトドアメーカーには難しい、軽量かつ強度のあるアルミペグを完成させました。

アルミなので、軽い、持ち運びが楽、さびない!

アルミ製ペグ

アルミ製の「アルペグ」の重さは、1本あたり82g一般的な鉄のペグと比較すると、1/3の軽さです。これまでペグが重く、ペグケースの持ち運びがおっくうだった人だけでなく、徒歩、ツーリング、公共交通機関を使ったキャンパーにも最適。アルミなのでさびを気にせずに済むのも大きなメリットです。

老舗だから実現できた複雑な形状と機能性

アルペグ

出典:Makuake

共和鋳造所は、耐久性の求められる自動車や農業機械のアルミ部品を鋳造する専門メーカー。複雑かつ強度のある形状の金型をつくる技術力は折り紙つきです。「アルペグ」では、表面に凸型の模様のような複雑な形状を採用。表面積を広くすることで地面への固定力を増すだけでなく、アルミの「やわらかい」という弱点を克服しました。

軽くても鉄製ペグに劣らない耐久性

アルミ製のペグの使用風景

「アルペグ」は軽量にもかかわらず、地面へのホールド力の高さに驚く人も多いはず。ソロ用のテントだけでなく、大人数用のファミリーキャンプやタープの設営にも安心して使用できることを想定します。表面の形状だけでなく、細かい凹凸のある「ブラスト処理」を施し、地面への食いつきの良さも実現しました。

ハンマーでうちやすいペグ

ペグを打ち込むときは、ヘッドが大きいのでハンマーで捉えやすいのも長所。抜くときは「アルペグ」の穴にペグハンマーの先端を引っ掛けて回すだけ。ペグ同士でも引っ掛けて抜けます。

「アルペグ」販売はMakuakeでスタート

アルミ製のペグ

「アルペグ」は現在、Makuakeで販売中。価格は8本セットで3,480円(送料、税込)。安い価格とは言えませんが、製品に注がれた技術力と耐久性を考えると、コストパフォーマンスの高いアイテムです。

【基本情報】
サイズ:250mm×厚さ15mm×穴径10mm
重さ:82g
一般販売予定価格:3,480円/8本セット(送料、税込)
詳細はこちら:Makuake公式ページ

これまでになかった次世代ペグ「アルペグ」

「アルペグ」は、アルミ鋳造メーカーの技術力によって、これまでになかった機能性を実現したペグ。「アルミペグは固いキャンプサイトですぐ曲がるのでは?」という常識を覆す、画期的な技術の結晶。その実力を試してみてください。

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪