ホンマ製作所の薪ストーブを男前にカスタマイズ!予算2万円で快適な冬キャンプ

 キャンプ用品

冬キャンプの必需品になりつつあるストーブ。特に薪ストーブは暖房力に優れ、外気温が氷点下でも快適に過ごしたいキャンパーの間で年々人気が高まっています。今回は「予算が少ないけど、格好いい薪ストーブがほしい!」という方に向け、Instagramのおしゃれなキャンプ投稿で人気のキャンパーjenny.hさんが、薪ストーブをカスタマイズした記録を報告してくれました!


 目次


薪ストーブの候補探しと決め手

予算は2万円

「冬もキャンプに行きたいね」。そんな家族の会話から、やはり快適に過ごすには薪ストーブがあった方がいいのではないかということになり、薪ストーブを探しました。探し始めると値段もピンキリ。5千円ほどから、高いものだと数十万円するものまで。我が家はかなり低予算ですが、2万円に設定して探し始めることにしました。

候補に上がったのはこちら

ストーブの大きさを重視して絞り込み!

薪ストーブの購入を検討する際に重視したのは、大きさでした。その理由は、使用できる薪の大きさや長さが変わってくるからです。小型のものだと、そのサイズに入るように薪を割らないといけません。薪を斧で割るのもキャンプの醍醐味ですが、我が家は母子キャンプに行くことも多く、薪を割る時間が割けないキャンプも多々あります。自動車に積載するスペースも多少の余裕があるため、少し大型の薪ストーブにすることにしました。

   

出典:Amazon

大きめの薪を入れることができ、薪ストーブの中でも料理ができるホンマ製作所のストーブが最適と考え、最終候補は「ステンレス時計1型薪ストーブセット」と「黒耐熱窓付時計型薪ストーブ」の2つに絞りました。後者の「黒耐熱窓付時計型薪ストーブ」の方がかっこよく、窓もついていて火が燃える様子もみられるのですが、煙突などを買い足すと予算ギリギリになってしまうため、「ステンレス時計1型薪ストーブセット」を購入。外観のデザインなどは自分達でカスタマイズすることにしました!

ステンレス時計1型薪ストーブセットをカスタマイズ

STEP1:扉交換・塗装

   

まずは「やはり薪ストーブの炎を見たい!」ということで、炎が見えるガラス窓付扉を交換。ペンチ1つで交換できるため、手間をかけることなく作業が完了します。

   

耐熱塗料でブラックにカスタマイズ!

   

次にパーツクリーナーで汚れを取り除き、そのあと、耐熱塗料を塗っていきます。缶スプレータイプのものを購入したので、簡単に塗装できました。途中で塗料が足りなくなり、塗り残しが一部できてしまったため、後日同じ塗料を購入して塗りなおしました。1本だとこの面積を塗るのは厳しいかもしれません。

耐熱塗料の焼付でカスタマイズ完成!

   

塗料を塗った後に加熱して塗膜を乾燥・硬化させる「焼付」という作業を行いました。塗装後にストーブを利用するだけで焼付完了です。一気に高温で熱してしまうと塗膜の中の水分や、溶剤が一気に蒸発し、気泡が発生するので、少ない薪で時間をかけながら行うのがポイントです。

薪ストーブを実際に使ってみた!

薪ストーブの設置

   

塗装も完了したところで、さっそく薪ストーブを使ってみることに!使ったことのない方にとっては、組み立てが面倒に思えますが、実は工程がシンプルでとても簡単。L字煙突を本体にとりつけ、煙突(ストレート)をつなげていき、最後にふたをのせて金具で固定するだけで完成です。

   
   

いよいよ実際にキャンプで使用します!普段から使用しているテントに煙突用の穴が空いていたので、その穴の位置にあわせて設置。穴から煙突を通し、外から煙突を固定して完了です。使用してみた感想は「やはり暖かい!」の一言に尽きます。この時はテント内をトレーナー1枚で過ごしていましたが、十分に暖かく、併用して使っていた石油ストーブをすぐ消してしまいました。

一酸化炭素チェッカーは必須アイテム!

   

薪ストーブを使用するときに怖いのが、一酸化炭素中毒です。一酸化炭素チェッカーを設置するだけでなく、定期的に入り口を少し開けたりして、空気の通り道を確保して対策しました。

高温で調理できるのが薪ストーブのメリット!

   

薪ストーブといえば、暖房だけでなく、高温での調理もメリットの一つです。石油ストーブでも料理はできますが、加熱となると時間がかかります。薪ストーブだと高温で調理できるため、煮込み料理はもちろん、ピザも高温で焼け、お店のようなパリパリのピザが出来上がります。サツマイモにアルミホイルを巻き、薪ストーブの扉の中に入れるとホクホクした焼き芋ができるので、こちらもおすすめです!

   

ダッチオーブンを利用して、冷凍パイシートでパイシチューもできます!!作り方は簡単。シチューを入れた耐熱容器に冷凍パイシートを被せ、ダッチオーブンに入れてふたをします。そして、ダッチオーブンを薪ストーブの上へ。シチューが冷めていないと、熱でパイシートが溶けてうまくふくらまなくなります。しっかり冷ましてからパイを被せましょう。15分~20分ほどで焼き上がります。上からの熱が加わらない為、仕上げにガスバーナーで炙って焦げ目をつけました。簡単な上に美味しく、手が込んだ料理のように見えるので、ぜひ作ってみてください!

低予算でもカスタマイズで憧れの薪ストーブに!

   

今回購入した薪ストーブですが、低予算でも格好よくカスタマイズすることで、お気に入りのキャンプギアになりました。「寒いのが苦手!」という方は、テントの中で薪ストーブの火を眺めながら、ぬくぬくと「お籠りキャンプ」を楽しんでみてはいかがでしょうか。


あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪