【キャンプの輪】記念すべき復活第1弾はhitataが誇るBBQマスター!

 ノウハウ

出典:Instagram (@akimotti_bbq)

キャンパーが知り合いのキャンパーを紹介する好評連載「キャンプの輪」が復活。心機一転振り出しに戻り、再びキャンパーのつながりをたどり、キャンパーこだわりのスタイルを紹介して行きます。記念すべき1人目はhinataメンバーきってのBBQキャンパーからスタートして行きます!


 目次


【キャンプの輪】No.15 Yuu.Akimotoさん

キャンパープロフィール

△名前:Yuu.Akimoto
△Instagramアカウント:@akimotti_bbq
△住まい:神奈川県
△キャンプ歴:20年
△1年のキャンプ数:約30泊

   

出典:Instagram (@akimotti_bbq)

キャンパーさんに友達を紹介してもらう形で、取材を行なっているキャンプの輪。2018年8月からお休みしていましたが、再開を求める多くの声を受けて復活しました。第1弾は振り出しに戻り、hinataメンバーであるYuu.Akimotoさん(@akimotti_bbq)から始めます。早速、そのこだわりのキャンプスタイルを深掘りしていきます!

自身のルーツをたどったユーロミリタリーなスタイル

   

出典:Instagram (@akimotti_bbq)

━━━━ Yuu.Akimotoさんのキャンプのテーマを教えてください

Yuu.Akimotoさん:テーマは"ヨーロッパミリタリー"です。最新のギアもありますが、中には本物のミリタリーギアもあります。色味や素材感を合わせ、サイト全体に統一感を出すよう心がけています。テントは全部で5つ所有していますが、1番のテントは、オランダの「エスボ ベドウィン300」というテントで、日本では取り扱いがないため、個人輸入で手に入れたレアものです。ポールは輸入できなかったので、モンベルのポールをDIYして幕に合わせて使っています。

   

出典:Instagram (@akimotti_bbq)

━━━━ ミリタリースタイルはよく聞きますが、なぜヨーロッパ?

Yuu.Akimotoさん:実は7歳までイタリアのミラノで過ごしたので、なんとなくヨーロッパに懐かしさを感じます。実際、人とは違うスタイルにしたいという気持ちもあります。テントなどはなかなか人とかぶることがないですね。

中高の部活で体験した「おそとご飯」の喜び

   

出典:Instagram (@akimotti_bbq)

━━━━ キャンプを始めたきっかけはなんですか?

Yuu.Akimotoさん:キャンプに足を踏み入れたきっかけは、中高時代のワンダーフォーゲル部。その時からキャンプや登山にはいってました。大人になってからは会社の仲間にキャンパー仲間が多くいて、連れていってもらうようになったことがきっかけですね。そこでキャンプの師匠にも出会いました(笑) 。当初はBBQ飯炊き要員として同行してました。でも、周りに触発されて、どんどんハマっていきましたね。

   

出典:Instagram (@akimotti_bbq)

━━━━ 最初はBBQ担当だったんですね。BBQに目覚めたきっかけはなにだったのでしょうか?

Yuu.Akimotoさん:BBQも原点は、ワンダーフォーゲル部です。山に登って、頂上で部活のみんなと食べるご飯の記憶が残っています。やっぱり外でみんなで食べる飯はうまい。ご飯の美味しさは、1人で家で食べるより、みんなで食べることで2倍、外で食べることで3倍にもなると思っています。

師匠に導かれ、仲間と共に磨いたキャンプスタイル

   

出典:Instagram (@akimotti_bbq)

━━━━ 今のスタイルに目覚めたのは、周りの友人の影響ということですが、今でも友人とはキャンプすることはあるんですか?

Yuu.Akimotoさん:いまでも友人たちとキャンプにはよくいきます。キャンプを通して知り合えた仲間も多いですね。キャンプやBBQに関して、情報交換してます。仲間もみんなキャンプのレベルが高いので、切磋琢磨しながらキャンプのスタイルを追求してますね。

   

出典:Instagram (@akimotti_bbq)

━━━━ キャンプの師匠がいるとのことですが、どんな方なんですか?

Yuu.Akimotoさん:僕の自慢のギアが、フルカスタムしたカーミットチェアなんですが、このカスタムパーツは全て、師匠が作ったものなんです。このカスタムパーツは、キャンパー界隈でも話題の品で、販売もしているので、一般の人でも手に入れられます。そんな話題のギアを副業で作っちゃうような、ツワモノキャンパーです。

━━━━ 流行るほどのギア自作はツワモノすぎですね(笑)

原点回帰。ミニマムなスタイルにも挑戦したい

   

出典:Instagram (@akimotti_bbq)

━━━━ 次に挑戦したいキャンプスタイルなどはありますか?

Yuu.Akimotoさん:そうですね。またワンダーフォーゲル部時代のような最低限の装備で、キャンプしてみたいですね。キャンプって最初は不便さを楽しむものだと思うんですけど、今は快適。また不便に戻りたいなとも思ってます。

   

出典:Instagram (@akimotti_bbq)

━━━━ ギアが一通りそろっているなかで、あえてのミニマムスタイルということですね

Yuu.Akimotoさん:バックパック一つでいけるキャンプがいいですね。キャンプ場も車が入れないところとか、飛行機に乗って遠くの場所に遠征するのもいいなと思っています。モノ買い替えてマンネリ離脱するのはお金がかかるので、持っているものを活用して、気分転換したいですね。

不便さを楽しみ、課題を潰して、便利を得る快感

   

出典:Instagram (@akimotti_bbq)

━━━━ これからキャンプを始めるという方に、アドバイスを1つお願いします

Yuu.Akimotoさん:一言で表すなら、「不便を楽しもう」ということですかね。やはりどう頑張っても、キャンプはどこか不便なもの、ですが、その不便さすら、楽しめるものだと思っています。雨降る時もあるけど、みんなの小さいタープをつなげて宴会場を作ったりとか、あるものを最大限に生かして工夫する楽しさがある。予定不和も成長の機会だと思います。

キャンプの回数を重ねたり、ギアが増えたりして、一つ1つずつ不便が快適へ変わっていくことも快感。ぜひ、これからキャンプをはじめる人にも、この感覚を味わって欲しいですね。_

━━━━ ありがとうございます!不便が快適に変わっていく感覚、私もよくわかります。回数を重ねるごとに楽しくなりますよね。とはいえまだまだなので、私もYuu.Akimotoさん目指して頑張ります!

次回のキャンパーは・・・?

   

出典:Instagram (@akimotti_bbq)

Yuu.Akimotoさんに紹介していただいた次回のキャンパーさんは、道産子キャンパーのシンさん(@mcn01)!どんなキャンプスタイルが聞けるのか、とても楽しみです!

今回取材にご協力いただいたYuu.Akimotoさんの素敵なお写真はこちら◀


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪