自然保護の行動拠点パタゴニア名古屋が企業のあるべき姿を反映する

 ファッション

パタゴニアのTシャツ

2002年に東海地区初の直営店とした誕生したパタゴニア名古屋が2018年3月、自然環境を守る行動拠点として新たなスタートを切りました。パタゴニア名古屋の掲げる「NOW MORE THAN EVER」というコンセプトには、果たしてどのような想いが込められているのでしょうか。


 目次


環境保護を意識した店舗!パタゴニア名古屋とは

パタゴニア    

出典:楽天

パタゴニア名古屋は、2002年に日本で9番目、東海地区では初めての直営店としてオープンしました。2018年のリニューアルにあたっては、パタゴニアの理念である環境保護というミッションをさらに意識した店舗づくりが行われています。

環境保護への行動を起こす拠点として掲げた、「NOW MORE THAN EVER~これまでよりもっと繋がる場所へ~」というコンセプトには、責任ある企業としての力強いメッセージが込められているのです。

名古屋を代表する河川である長良川をはじめとし、周辺の自治体と協力し合う姿勢をとりながら、環境を次世代へと引き継ぐための取り組みを進めています。

もちろん、アウトドア専門ショップとして、名古屋近郊の恵まれた自然環境への積極的なアプローチを提案することも忘れてはいません。機能性に富むパタゴニアの商品ラインナップが、自然の魅力を堪能できるアクティビティへと誘います。

自然との共存はパタゴニア全店に共通したコンセプトですが、「保護活動の拠点」と銘打っているだけに、パタゴニア名古屋にはさらに強い意識が感じられるようです。

自然に配慮し自然に寄り添うインテリア

   

パタゴニア名古屋のエントランスは親しみを感じさせる、「家の玄関」のような造りとなっています。使われている黒い美濃石は、名古屋の歴史と文化を表現。この美濃石をはじめ、店舗資材はでき得る限りローカルエリアから調達しています。

飛騨高山の栗材、蛭川御影石など、近郊の資材を用いることで移動距離を減らし、環境への負荷を軽減させる配慮がされているのです。また、不要となった陶器やタイルを細かく砕いて資材とすることで、独特のインテリアデザインと環境保護が同時に実現されました。

「ムダなくあるものを活用し、自然との共存に一歩でも近づける生き方を体感させる」といったイメージがインテリアからおのずとわいてきます。名古屋という地の利を生かし、パタゴニアの企業理念を強く打ち出した店、それがパタゴニア名古屋です。

パタゴニア名古屋の店内に入れば、ことばだけではない何かが語りかけてくるようです。訪れる人は、柔らかな空気のなか、くつろぎながらショッピングを楽しむことができます。

パタゴニア名古屋の店内にはアウトドアスポーツ用のウェアやグッズ・ツールといったおなじみのアイテムをはじめ、さらにビジネスからトラベルまで幅広く活躍しそうな商品が陳列。自然を愛し、身近に感じたい人のライフスタイルをサポートする積極的な品ぞろえが店舗を訪れる人に好感を与えます。

また、キッズやベビー製品なども豊富にラインナップされ、ファミリー層にも楽しめる場所となっています。

パタゴニア名古屋が「これまでよりもっと繋がる場所」である理由

パタゴニア名古屋店の店内    

出典:パタゴニア名古屋/instagram

パタゴニア名古屋の店内には、おなじみの機能美に満ちたアウトドアスポーツ用品やウェア、またシンプルながら活用度の高い日常用の製品、キッズ&ベビー製品さらに健康的な食生活を提案する「パタゴニア プロビジョンズ」の食品などが並びます。

パタゴニアの自然環境保護の精神を反映した「パタゴニア プロビジョンズ」は、単なる健康食品ではありません。オーガニックにこだわり、化学物質が入っていないのはもちろんですが、一つ一つが生産方法や調達方法に配慮した原材料を使用しています。

ヒマラヤのエネルギー源「ツァンパ」や海を浄化するムール貝など、自然に関連する知識も同時に味わうことができる商品ばかりです。商品ラインナップの豊富さとともに目を引くのが、センターに設けられたコミュニティスペース。ちょっとしたワークショップやミーティングなど、人と人が「繋がる場」が店の中央に置かれています。

また、飛騨の森林から生まれた栗材を使った「飛騨の森 カッティングボード」を他店舗に先駆けて取り扱うなど、ローカルとより広い地域を繋げていく役割もしっかりと果たしているのです。自然の恵みを存分に活用し、自然の営みを享受する橋渡しをする役割を担います。

パタゴニア名古屋は商品を通じて人と自然を、店のスペースから人同士の繋がりを提供していく場となっているのです。

パタゴニア名古屋の外観    

出典:パタゴニア 名古屋/instagram

【パタゴニア名古屋の基本情報】
住所:愛知県名古屋市中区丸の内3-20-17 KDX桜通ビル
Tel: 052-950-7721
Fax: 052-950-7723
営業日:月~日
営業時間:11:00~19:00
定休日:年末年始
公式サイト:パタゴニア 名古屋

※店舗に駐車場はありません。車で来店の場合は、周辺の有料駐車場を利用してください。

まとめ

日本におけるパタゴニアの自然保護の活動拠点として、再スタートをしたパタゴニア名古屋。店内の造りから打ち出すコンセプトなど、企業の進むべき方向性を強く感じさせるショップとなっています。

パタゴニア名古屋が繋げていくのは人と自然、人と人、さらに現在と未来です。名古屋近郊の周囲環境の保全から、次第に輪を広げ、やがては日本全体、さらに地球規模の動きとなっていくことが期待されるのではないでしょうか。

▼パタゴニアについてもっと詳しく知りたい場合はこちら!


あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

パタゴニア アウトドアブランド

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪