Purveyors Showに潜入!編集部が目をつけた「粋なギア」をご紹介♪

 キャンプ用品

2019年3月29日~31日に開催された「Purveyors Show」にhinata編集部が潜入!数ある魅力的なギアの中から、人気ガレージブランドの新作ギアや、こだわりの詰まったギアをご紹介します。あまり知られていないガレージブランドもありますが、全キャンパー必見の内容です☆


 目次


セレクトショップ「Purveyors」主催の展示会へ

   

Purveyors Showとは、群馬県桐生市にあるセレクトショップ「Purveyors (パーヴェイヤーズ)」が主催する展示会イベント。今年は新出展のブランドもあり、ますます盛り上がりを見せているアウトドア好きなら必見のイベントです。

今回はそんなPurveyors Showにhinata編集部が潜入!イケてるギアを探してきました♪

人気ガレージブランドの新作ギアをチェック!

設営の面倒さを払拭した驚きのコット!

   

入って一番最初に、目を引いたのは「OUTPUT LIFE」のブース。「家のモノを外に持ち出す」というコンセプトで立ち上げられたアウトドアブランドで、インテリアのようなおしゃれさと機能性を兼ね備えたギアを取り揃えています。

まず編集部が目をつけたのはこの新作コット。一般的なアウトドアコットは設営が意外と面倒ですよね。そんな設営の煩わしさを取り払ったのがこのアウトプットライフの新作コットです。

   

脚部分に位置するフットロックにより、時間にして1、2分という驚きの設営のしやすさを実現しました。

もちろんこだわっているのは機能だけではありません。一般的なコットは骨組み部分がシルバーで「キャンプで使うコット感」を持っているため、なかなか家の中で使うのが難しいです。しかしこのEASY COTは、骨組の部分をアーミー風のカラーリングにすることで、インテリアとしても使えるようデザインされています。

   

まだ未発売ですが、コット用マットも展示されていました!座布団のような寝心地で、コットと合わせて使うことでより快適に睡眠を取ることができます。

   

こちらは、一見ただのソファのように見えますが、実はアウトドアファニチャー。ウォータープルーフなので屋内、屋外どちらでも使用することができます。実際に座ってみましたが、予想以上の座り心地でしばらく立ち上がることができませんでした。ただ中材がポリウレタンで重さが約9kgと、持ち運びに関しては注意が必要です。

あの大ヒット焚き火台にスモールサイズが登場?

   

YOKAのブースでは、新作焚き火台「COOKING FIRE PIT SOLO」を発見!大ヒット焚き火台「COOKING FIRE PIT」のスモールバージョンです。このサイズ感がソロキャンにはぴったり♪小さいながらも機能的でこちらも大ヒット間違いなしですね☆

   

さらにYOKAの「STACKING SHELF」も目を引きます。さながらインテリア家具のような風貌ですが、畳んでキャンプに持って行ってそのままシェルフとして使うこともできます。

そして一番の魅力はスタッキングできること。写真は2段ですが、いくらでも積み上げることができます。家の中でキャンプ良品を収納してもそのままインテリアになってしまうのが嬉しいですよね♪

キャンパーを虜にする、こだわりの詰まったギア

目指すのは世界一、2018年誕生の国産テントブランド

   

Purveyors Showのなかで最も大きい展示になっていた、昨年誕生した国産テントブランド「Mountain Mountain」のテント。「JAPAN MADE, JAPANESE MADE」にこだわり、世界一のクオリティーとクリエイティビティーを表現することを目標としているそう。

   

昨年の11月に、数量限定でモニター募集し販売をスタート。まだまだ知名度は高くないですが、今後誰もが憧れるテントになるかもしれませんね♪

詳細はこちら

全てが唯一無二の火打ち石!

   

続いては「Ocho Camp」の火打ち石。持ち手はなんと、地元高知県の猟師がとった鹿のツノからできているということで、どれも1つとして同じものはない逸品です。

   

実際に触ってみましたが、ものによって持ちやすさや触り心地が全く違っていて、選ぶ際の楽しさもありました。少しコア向けのギアですが、持っていたら必ず自慢できるハイセンスなギアですね♪

メイドイン東京にこだわる焚き火台!

   

最後に紹介するのは、ジャンルにとらわれないモノづくりを追究するTSUNOKAWA FARMの「detour life × FUJIKINKO BONFIRE STAND」。メイドイン東京にこだわり、東京下町の金属加工工場とタッグを組んで作り上げた焚き火台です。

はめ込み式の焚き火台ですが、組み立てが意外に簡単。さらに脚部分がペグのような形になっていて地面に食い込むため、斜面でも安全に焚き火をすることができます。写真の右側のように薄く収納できて、さらに軽いため持ち運びも簡単です!

あのチェアにぴったりのクッション!?

   

同じくTSUNOKAWA FARMのdetour lifeシリーズから、あのヘリノックスのチェアに合うよう作られたクッションもご紹介!3/25からA&Fで販売を開始したのですが、かなり売れているらしいです。

   

これをつければ、チェアの座り心地がさらに良くなると評判!チェアを使わないときは車のシートにも使えるということで、持ち腐れしないのも魅力です☆

   

さらにこちらはカーミットチェア用のクッション。カーミットチェアはおしゃれなデザインが人気で、お持ちの方も多いと思いますが、長時間座っていると少し疲れますよね。そん方にオススメなのがこのクッション。

パーカーなどにも使われる60/40(ロクヨン)クロスが使われているため、触り心地、座り心地ともにハイクラス!京都の風街道具店で先行発売されるとのことなので、気になる方は要チェックです♪

まとめ

いかがでしたか?Purveyors Showに出展していたブランドのギアはどれも魅力的でしたが、その中でも特にhinata編集部の目を引いた「粋なギア」をご紹介しました。有名ブランドの定番ギアもよいですが、こだわり抜いて作られた本格志向なギアを揃えてキャンプするのもよいですよね♪気になったアイテムがあれば、ぜひチェックしてみてください☆


あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

アウトドアブランド イベント

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪