連結してグルキャンに!ノルディスク2019新作ミッドガルドを早速レビュー!

 キャンプ用品

ミッドガルドの画像

2019年秋、ノルディスクの新作テント「Midgard」が世界に先駆けて、日本で先行発売することが決定!「Midgard」は、複数のテントを連結させてカスタマイズできるグランピングテントです。この記事では、グループキャンプにぴったりな「Midgard」の魅力を紹介していきます!


 目次


テント同士を連結させてカスタマイズできる新作テントが登場!

   

「Midgard」は、複数のテントを結合させて使用することができるモデル。テントを結合させるハブになるメインテント「Thrymheim(スリュムヘイム)」と、拡張用テント「Vimur(ヴィムル)」大小2種類の、計3種類を総称して「Midgard(ミッドガルド)」と呼びます。

   

写真正面に写っているのがメインの「スリュムヘイム 8.7」、その左奥に付いているのが拡張用の大きいサイズ「ヴィムル 5.6」。そして、その右に付いているのが小さいサイズの「ヴィムル 4.8」です。「スリュムヘイム 8.7」は入り口が四方に1つずつあり、正面から見て前後が「ヴィムル 5.6」、左右が「ヴィムル 4.8」と連結できるようになっています。

グループキャンプにぴったりな豪華グランピングテント

   

ミッドガルドは、複数のテントを連結することで部屋を増やしていくことができるので、グループキャンプをしたい人に最適なテント!スリュムヘイムをリビングとして、ヴィムルを連結し、リビングを拡張したり寝室を追加したりすることで、同じテント内で、より快適なグループキャンプが可能に。複数のテントで楽しむのも良いですが、1つのテントで一緒に眠ることで、キャンプならではの一体感をより一層感じられるのではないでしょうか。

設営は大変?

大きめのテントのため設営が大変かと思いきや、担当者の方にお話を伺ったところ、ペグを打ってしまえばあとは立ち上げるだけなので1〜2人でも設営可能とのこと。スリュムヘイムを支えているメインポールは2本なので、立ち上げに慣れれば少人数でうまく設営できそうです。

各テントのスペックは?どんな使い方ができる?

   

スリュムヘイム 8.7

ミッドガルドのメインテントで、足元の広さは約4.7畳。高さが270cmあり、空間がとても広々と感じられます。ヴィムルを連結して使用する際は、高さが最も高くヴィムルのハブにもなっているので、やはりリビングとしての使用がおすすめ!高さがあるので、ロースタイルのみならず、ハイスタイルのリビングをセッティングすることも可能です。他にない珍しい形状も、周りから注目を集めてグループキャンプが盛り上がりそう!

【基本情報】
使用サイズ:330×330×270cm
収納サイズ:40×85cm
重量:フライシート 17.3kg / ポール 7kg
材質:テクニカルコットン 65% / コットン 35%
価格:262,000円(税別)

ヴィムル 5.6

拡張用のテントの大きいサイズで、足元の広さは約3畳。スリュムヘイムには及ばないものの、高さも206センチと十分な高さ!出入り口の高さも約170cmほどあるので、スリュムヘイムと一続きで広いリビングとしても使えます。また、寝室として使用すれば、天井も高く、グランピングらしい開放的な気分になれそう!ヴィムルは、拡張用のテントではありますが、単体でも使用可能とのことで、コンパクトなキャンプにヴィムルだけ持っていくという使い方もできます。

【基本情報】
使用サイズ:240×240×206cm
収納サイズ:37×75cm
重量:フライシート 11.5kg / ポール 3kg
材質:テクニカルコットン 65% / コットン 35%
価格:143,000円(税別)

ヴィムル 4.8

拡張用テントの小さいサイズで、足元の広さは約2.6畳。ミッドガルドの中では最も高さの低いテントです。高さが134cmなので、スリュヘイムやヴィムル5.6と比較するとやや狭いので、寝室としての利用がおすすめ。しかし、縦の長さが240cm、横の長さが207cmあるので、男性でも足を伸ばしてゆったりと眠ることができます。ロースタイルの寝室としての利用がおすすめ!

【基本情報】
使用サイズ:240×207×134cm
収納サイズ:33×24cm
重量:フライシート 8.5kg / ポール 1.7kg
材質:テクニカルコットン 65% / コットン 35%
価格:120,000円(税別)

テントの中はこんな様子

   

スリュムヘイムの大きいサイズの入り口から中を覗いた様子です。広さは約4.7畳ですが高さ270cmと天井が高く、とても広々。ワンポールタイプではないので、中心に遮るものもありません。まさにグランピングテントの名にふさわしい開放感!奥にはヴィムル5.6が連結されており、スリュムヘイムと合わせて570cmの長さの空間を実現。グループキャンプのリビングとして、広々と使えそうです!

   

スリュムヘイムとヴィムル5.6の接合部は、身長155cmの筆者が手を伸ばしてギリギリ届くくらいの高さ。身長160cm程度の方であればしゃがむことなく行き来できます。横幅もあるので、すれ違いもラクラク!

   

こちらはヴィムル 4.8からスリュムヘイムを覗いた様子。スリュムヘイムとヴィムル4.8の接合部は、高さが134cmなので、膝立ちくらいでちょうどいい高さでした。こちらは広々というよりは、寝室感が強いです。広いスリュムヘイムからヴィムル4.8へ移動すると高さが全く違うので、秘密基地のようで子どもが楽しめそう!

ミッドガルドのパーツは特許も取得!

   

写真はヴィムル 5.6の天井部分。この、ポールを3つ支える部分は特許を取得しているとのこと!技術とアイディアが光りますね。

まとめ

   

2019年秋に日本で先行発売することが決定した、ノルディスクの新作テント・ミッドガルドをご紹介しました。テントを結合させてカスタマイズできるミッドガルドは、グループキャンプでお洒落に活躍してくれること間違いなし!詳しい発売日はまだ未定ですが、今から秋の発売が楽しみですね!

▼ミッドガルド以外にも、人気アイテムやコラボアイテム、イベントなど、ノルディスクについてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!


あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪